素肌美人も夢じゃない!30代からの基礎化粧品選び総合ガイド

1位 モイスティックスペシャルエッセンス

モイスティック
スペシャルエッセンス

162円

2位 ラフィネ薬用クリアホワイトエッセンス

ラフィネ
薬用クリアホワイトエッセンス

180円

3位 ライスフォースディープモイスチュアエッセンス

ライスフォース
ディープモイスチュアエッセンス

180円

しわ・たるみ

30代女性が気になる、しわ・たるみの正しいケア方法を徹底ガイド。紫外線対策・保湿ケアなど、毎日のケアを見直してみて。また、化粧品でしわ・たるみの悩みを解消した方からの口コミも必見です。

30代女性の「しわ・たるみ」お手入れポイント

しわ・たるみのケアは即効性を求めにくいため、毎日のコツコツとした努力が大事。「すぐに元通り」ではなく、「これ以上増やさない・進行させない」という心構えでケアを見直してみましょう。

紫外線は大敵!毎日のケアでしっかりガード

しわ・たるみは、真皮を支える繊維成分「コラーゲン」と「エラスチン」が破壊されるために起こる現象です。コラーゲンとエラスチンは加齢によっても減少しますが、紫外線などの環境因子も大きな問題の1つ。なんと、肌を老化させる原因の80%は、紫外線による光老化が占めているのです。

肌に届く紫外線にはUVAとUVBの2種類がありますが、とくに気をつけたいのは真皮まで到達するUVA。化粧品を選ぶ際にはSPF値(UVB防止効果)だけでなく、UVAの防止効果を表すPAにも注目するようにしましょう。

年齢と共に衰える保湿機能をフォロー

肌には水分が蒸発することを防ぐ機能(天然保湿因子)がありますが、この働きは加齢と共に弱まっていきます。そのため、年齢を重ねるにつれて保湿ケアは非常に重要となってくるのです。

乾燥肌・肌荒れ・ニキビなど、多くの肌トラブルの原因となっているのがターンオーバーの乱れ。このターンオーバーを正常にするために有効なのが保湿ケアです。

洗顔後は乾いた肌を放置せず、すかさず化粧水や美容液で水分補給!十分に水分を補ったところで、それが蒸発しないようクリーム・ジェル等でカバーします。ここで重要なのは、保湿ばかりに気を取られて水分補給を怠ること。肌が乾いた状態でどんなに保湿をしたとしても、乾いた状態を保つだけ・・・ということをお忘れなく。

肌に刺激を与えすぎないこと

しわ・たるみが出やすい人は敏感肌であるケースが多く、ちょっとした刺激で肌にダメージを負いやすいのが特徴です。

毎日の洗顔はなるべく短時間で済ませるようにし、肌に負担をかけないようにしましょう。洗顔料はしっかりと泡だて、決してゴシゴシと擦らないこと。肌の上で泡を滑らせる感覚で、汚れを洗い流しましょう。

お湯の温度も重要です。お湯が熱すぎると必要な皮脂まで溶けだしてしまたうめ、32度前後のぬるま湯を使用するようにします。肌に残った洗顔料も刺激の1つとなるため、しっかり洗い流して。

また、防腐剤・着色料・香料などが入った化粧品も、敏感肌にとっては刺激となることがあるので要注意。化粧品を使う前にはパッチテストを行い、問題がないか確かめてから使用するようにしましょう。

化粧品でしわ・たるみを解消!30代女性の体験談

20代からずっと同じブランドの化粧品を使い続けていましたが、ブランドよりも年齢に合った化粧品を使うことが大切なんですね。肌のハリや乾燥防止に効果の高い成分が入った化粧品に変えてケア方法も見直したところ、徐々に悩みの種だったしわ・たるみが気にならなくなってきました。

しわやたるみは治らないものだと思っていましたが、正しいケアと化粧品を使うことでリカバリーできることを知りました。リフトアップしようと強めに行っていたマッサージをやめ、肌にしっかりと水分を補給することを優先させたところ、思った以上に肌がモチモチに!プルンと弾力のある状態が戻って嬉しい限りです。

しわ・たるみが目立ってきたせいで、一気に老けこんでしまいました。いろいろとケア方法を変えてきましたが、一番効果があったのはやっぱり化粧品。肌に優しい洗顔と、年齢に合った美容成分・保湿成分でケアをしてあげれば、肌は驚くほどに甦ります。一番嬉しかったのは、首のしわがなくなってきたことですね。

 
マイナス5歳肌を目指す!30代からの基礎化粧品選びガイド