素肌美人も夢じゃない!30代からの基礎化粧品選び総合ガイド

1位 モイスティックスペシャルエッセンス

モイスティック
スペシャルエッセンス

162円

2位 ラフィネ薬用クリアホワイトエッセンス

ラフィネ
薬用クリアホワイトエッセンス

180円

3位 ライスフォースディープモイスチュアエッセンス

ライスフォース
ディープモイスチュアエッセンス

180円

乾燥

30代の乾燥肌によるトラブルを防ぐためのケア方法を詳しく解説。正しい洗顔・効果的な保湿・やってはいけないケア方法など、知っておくべき情報が満載です。また、化粧品で乾燥肌を解消した方からの口コミもチェックして。

乾燥は百害あって一利なし!30代の乾燥肌対策

乾燥肌で悩んでいる女性はとても多いもの。年齢と共に肌の水分量が減り、乾燥肌になってしまったという人も少なくないでしょう。しかし、毎日のケア方法や化粧品を見直すだけで乾燥肌が改善することもあります。まずは、以下のようなケアを心がけてみてください。

刺激を最小限に抑える洗顔を

乾燥を防ぐためには、皮脂を落としすぎないことが大切です。洗顔料は低刺激のものを使用し、短時間でサッと終わらせるようにしましょう。メイク落としも刺激の少ないものを選び、素早く行うのがポイント。

ただし、時間だけに気を取られて、汚れや洗顔料が肌に残らないよう注意してください。

洗顔後は、柔らかくて清潔なタオルで水分を押さえるように拭き取ります。ゴワゴワしたタオルや、湿ったまま放置されたタオルはNG。また、どんなに急いでいてもゴシゴシ擦るのは厳禁です。

洗顔後はスピーディーに保湿を

乾燥肌対策だけではありませんが、洗顔後は美容液・化粧水ですぐに保湿をしましょう。

洗顔後の肌は水分が蒸発しやすいため、1分以内にケアをスタートするのがベター。美容液・化粧水を手に取り、肌に押さえこむイメージで優しくケアします。ぺチペチと顔を叩いたり、刷り込んだりするのは避けてくださいね。

しっかり保湿を行った後は、水分が逃げないようジェル・クリーム等でカバー。肌の水分を保持するためには油分も必要なので、質のよい油分が含まれている化粧品を選ぶようにするとよいでしょう。

ただし、塗りすぎは肌にとって負担となるので適量に留めること。

過剰なお手入れを避けましょう

洗顔・保湿などのケアは、乾燥肌対策として欠かせません。しかし、「やればやるほど乾燥が悪化する」「効果が出ない」という方も多いもの。化粧品が肌に合っていない、誤ったケア方法を行っているということも考えられますが、過剰なケアも乾燥を促進させる一因。肌のケアは、やればやるほど効果が出るというものではないのです。

行きすぎたケアは肌のバリア機能を弱らせてしまうため、それが乾燥肌・トラブル肌に繋がっていることも多々あります。

まずは基本的なケアをしっかりと身につけ、肌が本来持っている機能を正常化することから始めましょう。

化粧品で乾燥肌を解消!30代女性の体験談

年齢と共に肌の乾燥が目立ちはじめ、化粧品を見直してみました。いろいろと乾燥肌にいい成分はありますが、一番大切なのは「自分の肌に合ったものを選ぶこと」。あとは、肌を甘やかしすぎないことですね。
あれこれ塗らなくても、しっかり保湿ができて必要最小限の美容成分が入っていればOKだということが分かりました。今は季節を問わず乾燥が気にならなくなり、オールシーズン快適です。

化粧品を一新したことで、長年悩んでいた乾燥肌から解放されました。一日中肌が潤うようになり、口の周りのカサカサもなくなったんです。メイクがしわに入り込むこともなくなったし、肌荒れもなくなって本当に嬉しいです。年を取ればとるほど化粧品は増えていくものだと思っていましたが、質がよければ少なくて済むんですね。

超乾燥肌で肌トラブルが絶えなかった私ですが、スキンケア法と化粧品を変えてみたところ、徐々にしっとり肌が長続きするようになりました。乾燥肌は体質だから仕方がないと諦めていましたが、見直す部分がたくさんあってビックリ。
とくに、今まで使っていた化粧品は自分に合っていなかったということが分かり、「原因はこれだったのかも」と思いました。今では肌にツヤも出て、鏡を見るたびにテンションが上がります。

 
マイナス5歳肌を目指す!30代からの基礎化粧品選びガイド