素肌美人も夢じゃない!30代からの基礎化粧品選び総合ガイド

1位 モイスティックスペシャルエッセンス

モイスティック
スペシャルエッセンス

162円

2位 ラフィネ薬用クリアホワイトエッセンス

ラフィネ
薬用クリアホワイトエッセンス

180円

3位 ライスフォースディープモイスチュアエッセンス

ライスフォース
ディープモイスチュアエッセンス

180円

しみ・くすみ

30代からのしみ・くすみケアで大切なこと、やってはいけないNGケアなどをご紹介。化粧品を使ってしみ・くすみを解消した方からの口コミもまとめていますので、こちらもぜひ参考にして。

30代女性の悩みを解決!しみ・くすみ対策ケア

「くすみがなかなか消えない」「しみが目立つようになってきた」などのトラブルは、30代女性に多い悩みです。

これらの問題を解決するには美白ケア化粧品は有効ですが、基本的なスキンケアを見直すことも大事。保湿・バリア機能などの土台をしっかりと整えれば、美白ケア化粧品の効果もグッと高まりますよ。

ターンオーバーを正常化させることが第一

ターンオーバーとは、皮膚の新陳代謝のこと。肌細胞は28日周期で生まれ変わり、古くなった細胞は角質と共に剥がれ落ちていきます。このターンオーバーが何らかの原因で乱れると、古い細胞やメラニン色素が残ったままになり、しみ・くすみの原因となるのです。

しみ・くすみの悩みを解決するには、何よりもターンオーバーの正常化が急務。正しいケア知識を身につけ、肌トラブルを撃退しましょう。

ターンオーバーを促す肌ケア

ターンオーバーを正常化させるには、丁寧な洗顔を徹底することが大事。ただし、古い角質をムリヤリ落とそうとして、ゴシゴシ擦ったり何度も洗顔するのはNGです。回数は、基本的に朝・晩の1日2回でOK。優しく洗顔したあとは、角質層に最も必要である水分補給を行いましょう。

肌がしっかりと保湿されれば、表皮の角化が正常に進行するようになり、ターンオーバーが整います。肌ケアだけでなく、十分な睡眠・食事・運動での血行促進もお忘れなく。

このようなケアと併用したいのが、ターンオーバーをサポートする化粧品。美白成分も重要ですが、基礎化粧品は十分な保湿機能に注目して選びましょう。

ターンオーバーを狂わせるNGケア

普段のケアの中でついやってしまいがちなNGケアをご紹介します。

  • 1日何度も洗顔をする
  • スクラブ洗顔を行っている
  • 紫外線を長時間浴びることが多い
  • 剥がすタイプのフェイスパックを使っている
  • 乾燥した環境に長時間いることがある
  • メイクを落とさずに寝ることがある

このような行動は肌の生まれ変わりを阻害してしまうため、しみ・くすみを引き起こす原因となります。美しく透明感のある肌を目指すためにも、生活スタイルを見直してみて。

化粧品でしみ・くすみを改善!30代女性の体験談

しみ・くすみ対策には美白化粧品を使っていればいいと思っていましたが、基本となる洗顔・保湿がとても大事だと知りました。スキンケアを1から見直して、質のよい化粧品での保湿を心がけたところ、肌のトーンがワンランク明るくなったんです。何事も基本は大切ですね。

できてしまったシミを消したい!とばかりに美白クリームなどを塗りたくっていましたが、結局最後にたどり着いたのは保湿ケア化粧品でした。肌の乾燥が落ち着いてしっとりしてきたら、角質が剥がれやすくなったのか次第にシミも薄くなってきたようです。少しずつでもメラニンを外に出せるよう、毎日のケアを頑張りたいです。

美白のカギを握るのは保湿だと聞き、しっかり潤いを届けられる化粧品を選ぶようにしました。肌の水分が十分保持できてくると、くすみが抜けて明るい肌色に!ずっとファンデの厚塗りでごまかしてきましたが、今は「素肌で勝負できるかな?」とまで思えるようになりました。

 
マイナス5歳肌を目指す!30代からの基礎化粧品選びガイド